【石川県商工会連合会】
国税庁からのお知らせ 個人のe-Tax利用が簡便化(認証手続きが簡素化)されます

国税庁では、マイナンバーカードに標準的に搭載される電子証明書やマイナポータルの連携機能の活用などにより、個人納税者の方のe-Tax利用をより便利にするためのシステム改修を進めており、平成31年1月から以下の2つの方式がご利用いただける予定です。(以下「e-Tax利用の簡便化」といいます。)。

e-Tax利用の簡便化の2つの方式

<マイナンバーカード方式>

 マイナンバーカードを用いてマイナポータル経由又はe-Taxホームページなどからe-Taxへログインするだけで、より簡単にe-Taxの利用を開始し、 申告等データの送信ができるようになります。  

<ID・パスワード方式>

 マイナンバーカード及びICカードリーダライタをお持ちでない方については、税務署で職員との対面による本人確認に基づいて税務署長が通知した「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載された e-Tax用のID・パスワードのみで、国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」からe-Taxによる送信ができるようになります(注1)。  


  (注1) マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応として行います。
     また、ID・パスワード方式は確定申告書等作成コーナーでのみ使用できます。
  (注2) なりすまし対策やセキュリティ対策の一環として行います。

 

詳しくは、次のページをご覧ください。

http://www.e-tax.nta.go.jp/kanbenka/index.htm